就職活動

就職活動は学生のころから開始しますが、社会人として行動することを心がける必要があります。面接の準備や、現地までの移動についても、早いうちから準備を整えることが、万全を期するためには必要です。不測のトラブルで時間までに会場に行けなくなってしまった時は、可能な限り早く会社側へと連絡を入れます。余裕を持って出発して、面接試験の開始時間よりも早めに会社に到着した場合には、会社に入らずに待機します。早く着きすぎると、企業側が迎え入れる準備が終わっていないことがあります。10分〜15分前くらいに着くようにしましょう。初めて会社の採用試験などに臨む場合は、緊張する人も多いので、先輩やOBのアドバイスを聞いておく事も良いでしょう。事前に企業研究や、自己分析をしっかりしておいて、面接のアドバイスも先輩からもらっておけば、準備は万端です。面接の場で、どんな自分を相手に見せたいかがわかっていれば、どんな方向からの質問がきても、準備をしておいた内容に沿って答えられます。社会人として基礎的なマナーを知っておくことが、採用面接で失敗しないためには重要になります。会社や就職試験会場に入った時には、たとえ知らない人でも、すれ違う時には軽い会釈をすることを心掛けましょう。マナーを知っているかいないかでは、ちょっとした時のふるまいに反映してきますので、他者からの印象が異なります。面接の試験は会場に入ってから帰宅するまでが試験である事を意識して、挨拶や会釈などの良識のある行動をすれば、面接で良い印象を与える事ができるでしょう。

就職活動